このサイトの目的

タワー

WiMAXとはUQ WiMAXにより提供されている元次世代型サービスの名称。現代でも若者から中年まで幅広い世代が活用しており、その規模はおよそ3000万契約を越え、人口カバー率においてもすでに100%に近い水準を達成している。ここ何年かでコロナウイルスが蔓延したことにより勢いを失ってしまってはいるが、近ごろのコロナ鎮静化に伴い、再び勢いを取り戻していくのではないかと予想している。

 

そんなWiMAXだが、この画期的サービスにはメリット・デメリットの双方が存在することを忘れてはいけない。私も長年愛用してきた身であるため、今ではもうハッキリとWiMAXのメリット・デメリットともに把握しているつもりだ。しかし、まだあまりこのサービスのことを理解していない人は世間では非常に多く、近郊外在住者にとっては田舎では全く使えないサービスではないかと使ってもいないのに勝手に解釈されてしまうことも多いそうだ。

 

そこで、私はこのサイトを通じて、「WiMAXがいかに便利で、いかに使い物にならないか。」という2つの矛盾した視点から真実を伝えていきたいと思う。

 

良い部分に関しては徹底的に褒めちぎり、悪い部分に関しては徹底的に批判し改善を促す。厳しいように感じるが、それこそがWiMAXというサービスを新たなるステージへと歩ませるための小さな手段ではないかと考えている。顧客一人ひとりが少しずつ賢くなっていくことで、UQ WiMAXの運営会社には今よりももっと優れたサービスの提供を実現してもらいたい。

WiMAXのメリット簡易的まとめ

面倒臭い工事を省くことができる

通常、自宅や職場にインターネットに接続するための環境を準備する場合は専用のケーブルを敷かなければならない。光ファイバーケーブルを電柱を通じて繋ぐため、大掛かりな工事だけでなく、その後に簡易的な工事まで必要となる。現代では、大体の物件に光回線の大掛かりな工事自体は完了していることが多いため、実際には簡易的な工事だけで済むことが多いのだが、それでもその簡易工事の予約からおよそ一か月後にようやく工事が始まるというのが現状だ。

 

これは固定回線を敷く上で非常に大きな問題点ではないだろうか。しかし、WiMAXであれば電波基地局から無線でインターネットに接続することができるサービスであるため、このような面倒臭い工事をおこなう必要が皆無。対応したWiFiルーターが届いたらすぐにパソコンやスマートフォンをインターネットに接続することができる。

比較的安い料金設定

WiMAXは固定回線と比較すれば一回り分料金が安いことが多い。固定回線と言えばフレッツ光やNUROなどが挙げられるが、いずれも専用のプロバイダを別途契約する必要があるため、結局お値段は6,000円ほどになってしまう。以前、フレッツ光のギガコラボなどという5,000円程度のコースもあったが、あれはプロバイダの質が低すぎて回線が不安定かつ低速ということで大不評を負っていた。このように、固定回線は例え5,000円の料金だったとしてもお買い得とは言えず、費用に対してコスパが見合っていない。

 

しかし、WiMAXであれば月々4,000円程度の料金でギガ放題プランを契約することが可能だ。さらに、固定回線と違ってどのプロパイダと契約しても回線速度や安定感は全く同じであるため、料金面や契約期間などのみの内容でプロバイダを選ぶことができる。

屋内でも屋外でも自由に使える

固定回線は当たり前だが屋内でしか利用できない。なぜなら、有線ケーブルで繋がっている以上、外に持ち出すことができないからだ。専用のルーターを購入して無線化できても、自宅や職場から距離が開くと回線が遅くなってしまい、少しのエリアでしか無線で接続することができない。

 

しかし、WiMAXであれば携帯電話の回線と同じように好きな時に好きな場所で好きなだけインターネットに接続することができる。これら3つの大きなメリットをまとめると、WiMAXは携帯電話の長所を持っており、なおかつ固定回線よりも安く利用できるという画期的なサービスであると言わざるを得ないだろう。

WiMAXのデメリット簡易的まとめ

インターネットの利用は無制限だが規制が存在する

よくWiMAXは「無制限でネットを使える」などという誤解を受けられていることが多いが、決してその意味を履き違えてはならない。たしかに無制限ではあるのだが、使いすぎてしまうと必ず規制を受けるような仕組みになっているのだ。例えばWiMAXで最も主流となっているギガ放題プラン。これは3日間のデータ通信量が10GBを超えると翌日の夜8時〜深夜帯までたった1Mbpsでしか通信できないように速度制限がかけられてしまう。

 

1Mbpsというと動画の視聴はもちろんのこと、少し凝ったデザインのホームページすら観覧する際に違和感を感じる具合だろう。実際にWiMAXを使い始めるまで、この悪い点に関しては知られていないことが多く、申込みが終わってからクレームのような形で文句を言う顧客は一定数いる。Twitterなどでも、思っていたサービスと違ったという意見が度々目に入るが、この規制のせいで、WiMAXその物が使い物にならないと錯覚してしまう人も多い。

特定の場所では通信速度が遅い・不安定である

WiMAXはいつでもどこでもネットに接続できる便利なサービスだと断言したが、実際には一部のエリアにおいてはそもそも対応すらしていないし、明らかに通信速度が遅くなってしまうスポットも存在する。例えば、携帯電話と同じように圏外のエリアは多数ある。山脈地帯ではもちろん電波が届かないし、周囲が建物に囲まれており、WiMAXの電波が届きにくい奥まった場所では、著しく通信速度が低下してしまう傾向がある。

 

また、他にも以外なところで使い物にならないケースも存在し、例えば対応していない地下鉄でWiMAXを使おうと思っても圏外となってしまう。都心部の有名な駅であればネットに繋ぐこと自体は可能だが、WiMAXの電波の性質上、極端に障害物に弱いという特性を持っているため、電車で移動している最中は特に回線速度が出ない。普段は30Mbpsのスピードが出ていたとしても、電車で移動している時は数Mbpsなど急激に低下してしまうのが現実だ。

料金関係のシステムが少々悪質

基本的に、ほとんどのプロバイダではWiMAXを契約する際に3年契約をさせられることが多い。一部のプロバイダでは縛りなしや2年単位などで契約することもできるのだが、そういったプロバイダで申し込むよりも3年おきの契約をした方が割安である。そして、3年契約をすることで長期間に渡り解約をすることができないため、あとでWiMAXに不満を感じたとしても、その後しばらくは料金を支払い続ける義務が発生してしまう。

 

もちろん契約なので、あらかじめ規定された違約金を支払えば解除することができるが、そのためには高額な違約金を支払う必要がある。また、プロバイダによっては申し込みの際に自動的に有料オプションを付与されてしまうこともあるし、キャッシュバックを受け取るためには契約後10か月が経過してから、ある日突然送られてくるキャッシュバック申請メールから一か月以内に申請手続きをおこなう必要も出てくる。このタイミングが非常に悪質であるため、大体二人に一人はキャッシュバックを受け取れずに契約を終えるそうだ。

 

このように、WiMAXには長所と同じように短所も多く存在しているため、私たちは事前にこれらの知識を得て、WiMAXに関して正しく把握をした上で契約を検討する必要があるのではないかと思う。

正しい情報を得て見識を広げるために

方向

WiMAXはとても便利なサービスであり、同じく不便なサービスでもある。しかし、それは世の中のあらゆるサービスにおいて全く同じ事が言えるであろう。完璧なサービスやシステムというのは存在しないし、あったとしても決して我々庶民が安価で手に入れることはできない。

 

つまり、私たちがお手頃価格で利用できるサービスには落とし穴がどこかに必ず潜んでいて、それを回避するためには私たちが賢くなる他ないということだ。

 

その上で、WiMAXに関する知識を得ていく過程でかなり役に立つ情報サイトは多く存在する。そこで、以下に参考文献として役に立つであろうリンクを貼っておくので、時間が空いたら是非とも参考にしにアクセスしてもらいたい。私もよく記事を読みに行っているので、どのサイトも最低限は参考になると保証させてもらう。

WiMAX比較.com〜プロバイダおすすめキャンペーン202x年x月

どのページもとてもセールス臭が強いが、どのサイトよりもWiMAXに対する熱意がとても強いことが伝わってくる。このサイトからWiMAXを契約する人が絶えない理由は、おそらく全てのページで訪問者に寄り添った情報を提供し、その上でセールスをしているからではないかと想像できる。また、細かく具体的なWiMAXに関する情報を盛り込んでいるためか、Googleからも絶大な評価を得ているようだ。Googleが信頼しているということは、私たちよりも賢いAIが評価しているということなので、それはつまりある程度参考にしても良いという証ではないだろうか。
https://wimax比較.com/

WiMAXのおすすめプロバイダと最新キャンペーン情報まとめ

現段階ではまだWiMAX全般に関する記事しか掲載されていなかったが、その1つ1つが役に立つ内容であり、著者がそれぞれで異なる。専属のライターが10人ほどいるようで、基本的に分かりやすい文章であり、全員がWiMAX愛用者であるためかすんなり頭に内容が入ってくることが多い。更新頻度は遅いため、気が向いた時にふらっと訪れると、意外と知らなかったトリビアが見つかる。WiMAXを契約する時にどこのプロバイダを選べばいいのか検討材料とすることもできる。
https://WiMAXおすすめ5.com/

 

今後も新しい有力なWiMAX関連サイトが見つかれば、この欄に追加して紹介していきたいと思う。