今回の目的・意図

BAD

世間では良い部分ばかりが目立っていそうに感じるWiMAX。実際問題とても便利で平均ダウンロード速度も決して遅くはない。現代で楽しめるインターネットのコンテンツには全て対応していると言っても良い程だが、残念ながら満足の行く結果を得られなかった人々も少なからずいるようだ。

 

そこで今回は、あえてWiMAXのデメリットを徹底的に調べ上げて紹介していこうと思う。もちろん個人的にはWiMAXは他者に紹介できる素晴らしいサービスだと思っているのだが、実際に申し込みをしたあとになってから後悔されるのも困ってしまうため、良い点ばかりではなく悪い部分に大してもしっかり事前に知っておくべきだと考えこのような記事を執筆するに至った。

WiMAXのダメなところ

対応していない地下鉄がある

本来地下鉄では携帯電話の電波も届かないのが普通だが、WiMAXのような専門的なサービスであればどこの駅でも地中の下でも対応していてもらいたいものだが。しかし、WiMAXの場合、まだ都心部の一部の地下鉄でしかインターネットに接続することができない。そのため、「あの駅ではネットに繋げたのに、なぜこの駅では使えないのか。てっきりWiMAXは地下鉄に対応しているものだと思っていた。」などと申し込み後に後悔する人もいる。

圏外のエリアも確実に存在する

こちらも携帯電話と同じく、WiMAXには圏外のエリアが存在するし、なんだったら大手キャリアの携帯回線よりも範囲が狭い。人口カバー率99%と謳っているものの、それはあくまでも密集地帯を中心に電波基地局を設置していったということであるため、高周波の電波が届きにくい障害物だらけのエリアでは本領を発揮することもできないし、「意外とWiMAXのエリアって狭いんだな・・・」と思うことがあるかもしれない。

対応しているはずのエリアなのに通信が遅い

もちろんインターネット通信に関するあらゆるサービスに同じことが言えるが、時間帯や時期、場所によって通信速度が一時的に遅くなってしまうこともある。それはWiMAXも同様だ。しかし、そういった理由とはまた別に、UQの公式サイトで対応していますと診断されているエリアなのにも関わらず、なぜかいつも通信速度が遅いということもある。恐らく原因はWiMAXの使っている高周波電波の特性だろう。これは直線のデータ送受信に優れているものの、障害物に弱いという残念な性質を持っているのだ。

ブロバイダによってはキャッシュバックが貰えない

高額なキャッシュバックを謳ってキャンペーンなどの催しをしているが、実際に還元してもらえる人は半数以下というプロバイダも中には存在する。これは別にWiMAXのサービスに問題があるわけではない。だが、提携先のプロバイダが悪質な手段を講じてキャッシュバックという武器でお客さんを騙すような形で契約させているのであれば、それは運営元のUQ WiMAXが責任を持って対処すべきではないかと個人的には思う。「キャッシュバックが3万円貰えるからこのプロバイダでWiMAXに申し込もう!そう思って契約したのに、1年経っても未だにお金が返ってこない・・・」こんな目に遭わされるのはさすがに問題だろう。

3年間料金を支払い続ける義務が生じる

WiMAXは毎月の料金が大手キャリアや固定回線よりも安いのがウリの1つであるのに、実際には3年間にも渡って月々の料金を支払い続ける義務が発生する。もし途中で解約したいという場合は、高額な違約金を支払わなければならない。これに関しては、契約前にきちんと説明を受けるのだが、果たしてこの3年という縛りはもっと緩くならないのだろうか?WiMAXと提携しているプロバイダの中には1年契約や2年契約に対応しているところも少数だがある。ただ、その分月々の料金が高く設定されているので、お客さんからとってみればあまり他のプロバイダと大差がない。

ネットをそこまでたくさん使わない人にとってはあまりお得ではない

WiMAXはあくまでもインターネットを普段からよく使う人向けのサービスであるため、一般人からすると格安SIMで十分ではないかと疑問に思う人がいる。私は確かにその通りだと思っている。3日間で10GBもインターネットに接続する人は、毎日YouTuberの動画を当たり前のように何本も見ている人に限るし、そもそも空いた時間に携帯電話からネットに繋ぐだけなのに、一体どんな生活をしていたら格安SIMで満足できないのだろうかと思う人もいるだろう。そういったネットを1つのサポートアイテムとしか考えていない人にとっては、WiMAXはコストオーバーなサービスだと言える。わざわざ4000円も毎月支払う必要はない。1000円台の格安SIMで十分だ。

移動中の電波が弱い

自動車や電車で移動している時に、暇だからWiMAXで携帯電話をネットに繋げたことのある人は大勢いるだろうが、はたして何人が満足のいく通信速度が出ていると体感できただろうか。例え都心部の線であって、各駅でWiMAXが対応していたとしても、その中間にある線路を移動している電車の中ではハッキリ言ってWiMAXの回線速度はあまり早いとは言えない。むしろ遅い。数Mbpsになってしまうのも当たり前だとあらかじめ認識しておいてほしい。

過度な期待は禁物

No

簡単に調べてみてもWiMAXの悪評は意外と多く、その最たる理由が回線速度が悪いという部分についてだ。みんなの回線速度によるとここ最近3か月間のスピードは平均で50Mbps程度となっているものの、残念なことにたった1Mbpsという記録を提示しているユーザーもいる。もちろん規制中に測定したのだろうが、正しい説明を分かりやすくお客さんに伝えられていなかった運営側の責任でもある。

 

これからもしWiMAXの利用を検討している人がいるとすれば、私は必ずこう言いたい。「WiMAXには過度な期待をしてはいけない。」と。どう考えても便利なサービスではあるし、多くの人たちが高評価を与えてそれを裏付けてはいるが、実際には不満を持っているユーザーも数多く存在するということを予め知っておいてもらいたい。

 

私の書いた他の記事ではWiMAXは固定回線よりも優れており携帯の大手キャリアのプランよりもコスパが良いと断言してきたが、あくまでもWiMAXに関しても同じくたった1つの限定的なサービスであることをお忘れなく。